ほうれい線解消でマイナス10歳肌!ピュアアンドシルクの口コミ体験談

puresilk1
ピュアアンドシルクほうれい線や目元のちりめんジワ、お肌のハリ専用の美容クリームです。

前から一度使ってみたかったんですよね~

やっと念願かなって使ってみました(^ ^)v

ピュアアンドシルクの特徴は?

ピュアアンドシルクがお肌のハリをよみがえらせるメカニズムは、お肌の外側(表面)とお肌内部(角質層)の両方から有効成分がアプローチするところ。

puresilk4
肌表面の弾力を取り戻す成分(写真の青いライン)
  • エルデュウ(ラウロイルグルタミン酸ジ)
  • ダブルヒアルロン酸
角質層でお肌の生まれ変わりを助けてシワの元を改善する働きがある成分(写真の赤いライン)
  • ビタミンAパルミテート
  • ローヤルゼリーエキス
  • 加水分解コンキオリン液(真珠エキス)
  • 天然ビタミンE
そして、香料・パラベン・着色料・鉱物油・アルコール・石油系界面活性剤不使用赤ちゃんに使っても大丈夫というやさしい成分でできているところ。



ほうれい線専用の化粧品の中には「効果はあるけどお肌には負担になる成分が配合されている」というものもあります。

敏感肌の方や化粧品で肌荒れの経験があると、ほうれい線のケアはしたいけどちょっと怖いなぁと思ってしまいます。

私も敏感肌ではないのですが、たまに肌荒れを起こすのでなるべく優しい成分の化粧品を使うようにしています。

ピュアアンドシルクなら余計なものは全く入っていないので安心して使うことができました(*^_^*)

ピュアアンドシルクを使ってみました

puresilk2
クリームというよりジェルのような軽い感じです。香りはありません。

洗顔後、または化粧水の後ということでしたので、洗顔後すぐと化粧水の後と両方試してみました。

どっちがいい感じだったかは後ほどお伝えしますね。

ピュアアンドシルクを最初に箱から出した時は
こんなに小さくて1ヶ月もつの?
と正直 不安になりました^_^;

でも、とても伸びがいいので少ない量でも大丈夫でした。

手のひらでしっかり温めたほうが浸透しやすくなるということなので、いったん手に出して温めてからぬっていきます。

ほうれい線にそって点々と置いていき、ほうれい線を伸ばすように顔の外側へなじませていきます。

目元や額のシワなどにも効果があるようなので、私は目元、口の周り、眉間と、もう一度ほうれい線に少量ずつトントンと叩きこむようになじませています。


化粧水の前?後?

他の方の体験談や口コミを読んでみると、化粧水の前、洗顔後すぐに使っている方が多いようです。

私も最初は化粧水の前に使ってみたのですが、なんとなく化粧水の浸透があまり良くないような気がしました。

それで化粧水で保湿を十分に行ってからピュアアンドシルクを使ってみることにしたんです。

私の場合は化粧水の後にピュアアンドシルクを使ったほうがお肌がモチモチしてしっとりしたように感じました。

化粧水との相性や個人差もあると思いますので、両方ためしてみることをオススメします(*^_^*)

ピュアアンドシルクの効果は?

1日でほうれい線が薄くなりました!

という口コミも目にしましたけど、私の深ーいほうれい線は1日ではムリでした(笑)

使用感はとても伸びがよく、ベタつかずサラッとしています。サラッとしているけど保湿もちゃんとできていて、化粧水とピュアアンドシルクだけのお手入れでも乾燥しないです。



化粧ポーチに入れても邪魔にならないサイズなので、化粧直しの時や乾燥が気になる時など、いつでもぬれるのがいいですね。

puresilk3
このように先が細くなっているので少量ずつ使うことができます。

1週間ぐらい使いましたがしぼんでいた口元が少しふっくらしてきたような気がします。

お肌のターンオーバーは28日周期。私はもうちょっと長くなっているかな?^_^;

少し長い目で使い続けたいと思います。


詳細はこちら
★ほうれい線ケア★Pure&Silk(ピュアアンドシルク)